家相鑑定

家相TOP >> 浴室

浴室

浴室の家相

浴室の家相

 バスルームは、リビングおよび寝室、客間、台所などの需要の高い部屋によい方位をとられてしまう関係上、理想の位置に設置できない傾向があります。
日本のような入浴を日常の行為とする民族としては、もっとも考えなければいけない重大な事と言えるでしょう。

特に家相上では、バスルームはトイレとともにその吉凶作用をかなり重要視しています。

 バスルームは、風通りの良い清潔で快適な位置に設けたいものです。

家相位置としては、水と火を使い、使用上の点からも、台所とトイレと同じです。

方位としては、東方、西方、南方、北方および東南方、南西方、西北方、北東方の各八方位の真中・中心に配置するのは良くありません。
その方位の中心からどちらかに寄っていることが良相となります。

 ではバスルームはどのようにするべきかということですが、まず火気と水気の点について、湿気が家中にこもらないよう間取りに気を配り、前述の八方位の中心部を絶対に避けなければいけません。
できることならトイレとバスルームは一緒にして、家の外に別棟にするか、家より張りだしにするのが、最良の方法となります。

 浴室で気をつけるべき点は、2階にバスルームを設けてはいけないことです。
ビルの場合は別です。
採光は、あまり強い光は適しませんので、自然光で北方か東方に窓を設けるべきです。
壁や床などは、建築家と十分に相談して、排水や風通りを生かす工夫をしなければなりません。

 天井は少し傾斜をつけることで、溜まった天井の雫を下へ流れ落とすことができます。
そうすれば体へ雫が垂れて気持ちの悪い思いをすることがありません。

ほんの少しの工夫でこうしたことは防げるのですから、ぜひ参考にしてみてください。
 湯気抜きは、必ずつける必要があります。

本当は、直接外気と通じないほうがよいのですが、天井近くに換気扇を設けるのもひとつの方法です。

家相に関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所:〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号:(022)225-8640
メール:info@naritasan.co.jp

家相TOP 居間・部屋 食堂 書斎 応接室 子供部屋 寝室 玄関 浴室 トイレ 台所 神棚と仏壇 会場 特定商取引法表示 個人情報

ページTOPに戻る