家相鑑定

家相TOP >> 寝室

寝室

寝室の家相

寝室の家相

寝室として利用するのに和室と洋室とにはどちらにも良さがあり迷うところです。

和室にした場合は青畳の上に大の字になって昼寝する気分は日本人ならば誰でも求める安らぎのひと時です。

和室の欠点はホコリや低い位置で就寝するという点などがあります。
衛生面から考えてホコリを常に掃除する必要があります。

寝室の隣に三畳ぐらいの小室を設け、はめ込み式のタンス、鏡台や姿見などをおき、着替えやお化粧室として便利なように、夫人室と寝室との共用部屋を設けたいところです。

洋室の寝室の場合にフローリング床は掃除がしやすくチリ埃がたまりにくいのです。
また畳と違ってジュータン敷きにすると冬は暖かいのです。

 人生において最も長時間使用するので寝室の位置は健康に非常に関連があります。
また単に家相だけにとどまらず、そこに寝る人の運命全体、夫婦運、家運の盛衰にまで変化をおよぼすことになり、家相では重要な作用をきたす場所であるといえるでしょう。

寝室の各方位

寝室は、家相 方向位置にかかわらず、昔から「頭寒足熱」といわれるように北枕で寝るのが最も健康的なのです。

家相に関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所:〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号:(022)225-8640
メール:info@naritasan.co.jp

家相TOP 居間・部屋 食堂 書斎 応接室 子供部屋 寝室 玄関 浴室 トイレ 台所 神棚と仏壇 会場 特定商取引法表示 個人情報

ページTOPに戻る