家相鑑定

家相TOP >> 玄関

玄関

玄関の家相

玄関の家相

 玄関は家の顔だという昔風の考えで造られるのは間違いです。
玄関の面積をとってしまうと他の部分が縮められるのでよくありません。

他の部屋も、とにかく対面的な面に重点をおいて家をつくる人が多いですが、これはまちがいのもとです。
家は自分が住むもの玄関は自分がいちばん多く出入りするもの、という考えを忘ないようにしてください。

玄関の近くにトイレがあることが、現代家相学上も好ましくないのは事実です。
なるべく居間の前を通らないように、また表玄関と勝手口の区別がつくことも大切です。

型はいろいろあり、家全体の雰囲気から洋風を楽しむのも和風にして落ちついた感じをだすのもよろしいでしょう。
そして、総建坪に調和した坪数で造るべきです。
というのは15坪以内の小住宅の場合、ポーチを作ると頭でっかちになってしまう為、家相では凶相となります。

 大きさは建坪に対して3パーセント位が丁度よいでしょう。
また靴脱ぎ場は半坪ぐらいが適当といえます。

独立したように張り出している相、また渡り廊下で母屋に連絡している相などは非常にみた目もよく家相では良相とされます。

反対にへこんだ形になっている、落ちつきがあって一見したところ良さそうに思えますが、これは家全体からみると欠けこみになってしまうので凶相ということになります。

なお玄関は色々な物を置いて煩雑になりやすい場所ですが、片付けて整理整頓を心がけるべきです。

なるべくよい趣味のものを数少なく統一をとった意匠でおき、その家の顔であるという古い考え方の根本精神だけを生かしましょう。
それが完全な吉相となるのです。

 玄関の向き(方向)は、運勢上に非常に大きく作用し、これは門との関連のうえでみます。

家相に関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所:〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号:(022)225-8640
メール:info@naritasan.co.jp

家相TOP 居間・部屋 食堂 書斎 応接室 子供部屋 寝室 玄関 浴室 トイレ 台所 神棚と仏壇 会場 特定商取引法表示 個人情報

ページTOPに戻る