家相鑑定

家相TOP >> 神棚と仏壇

神棚と仏壇

神棚と仏壇の家相

神棚と仏壇の家相

お札や仏具は不敬にあたらなければどこにお祀りしても問題ありません。

商売の種類によっては、玄関やリビング、応接間へ複数祀る場合もあります。
神棚の下を通り抜けられるような構造は避ける必要があります。
これも供えたものが頭上に落ちる危険を考えて家相では凶としています。

また二階建ての場合に、二階から一階の神棚や仏壇が踏みつける位置に当たると不敬になると言われますが、床があるのだから神様に対して不敬にはあたりません。

またトイレの出入口に近いところ、階段の下などは不敬にあたり避けるべき場所となります。

神棚の向きについては不敬な祀り方さえしなければどの方位に向いていてもかまいません。
ただし神を陽とし、仏を陰とする考え方からすれば家相では東方向きが最高の向きになります。。

仏壇も同じことがいえます。
特別に設けない場合は、神棚と同じような考えで不敬にあたらない場所に設けるべきです。
位置や向きについて決まりはありません。

ただ、仏壇は神棚と違って、居間以外に設けるのは良くありません。(僧侶や宗教関係者はべつ)

仏壇は神棚と一緒にはするものではなく、必ず分けて離す必要があります。
一段、仏壇を下げて設けるのが一般的です。
神の陽に対して仏は陰ですから、西方向きが最上と言えます。

家相に関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所:〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号:(022)225-8640
メール:info@naritasan.co.jp

家相TOP 居間・部屋 食堂 書斎 応接室 子供部屋 寝室 玄関 浴室 トイレ 台所 神棚と仏壇 会場 特定商取引法表示 個人情報

ページTOPに戻る