家相鑑定

家相TOP >> 書斎

書斎

書斎の家相

書斎の家相

一家の大黒柱なら誰でも、書斎は憧れの場所でしょう。

職業柄や個性によって雰囲気も変わりますが、なんといっても落ちついて静粛なことが第一条件です。

したがって玄関や台所などの日常の音が聞こえない配置になっている書斎がよく、できれば客室や応接室からも離れているのが理想的です。

 洋風の書斎の場合、机や椅子は大きなゆったりしたものが良相で、小椅子は身体に疲労が感じる為、おすすめできません。
窓は集中力を向上させる上でも、あまり大きすぎない窓にするべきです。

できれば心身ともにリラックス出来る空間にする為にも、ソファーなどを設置すれば非常に理想的な書斎となります。

 和風ですと、広さは正方形の八畳の広さが一番の良相になります。
窓は吉相の障子戸にしたいものです。

紙を通して窓から入ってくる自然光は非常によいもので、ガラス窓と異なり、暖房も良くきき、目に映る感覚はガラス窓などの比ではありません。

各方位の現象
方位的には、北東・北方部位に書斎を設け、日光の変化が少ないのを取り入れる事が、吉相になります。
光線は日の出から正午にかけて、もっとも太陽のエネルギーが増大します。
と同時に紫外線も増加するため腐敗した空気になりにくく、気分的にもイキイキします。

東側に書斎を設けると、勉強熱心な性格となります。

西側に書斎を設けると、午後や夕方にかけての強い射光のため精神力が低下し、思考力が欠け勉強へ集中力が無く大凶相になります。

 南側に書斎をもうけると、陽が直射する為、落ちつかず精神を弛緩させてしまい、長時間の読書執筆は不向きとなり、早く疲労を感じるようになります。但し、書斎のまえに廊下(できたら畳廊下)があれば凶意を下げることができます。

 北側に書斎は、精神が集中し適度の緊張から落ちついて長時間の勉強執筆ができます。
 この位置にある書斎は最上の相となりますが、暖房設備を考慮する必要があります。

家相に関するお問合せは下記にて承ります。

大本山成田山仙台分院
住所:〒980-0845 宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉33−2
電話番号:(022)225-8640
メール:info@naritasan.co.jp

家相TOP 居間・部屋 食堂 書斎 応接室 子供部屋 寝室 玄関 浴室 トイレ 台所 神棚と仏壇 会場 特定商取引法表示 個人情報

ページTOPに戻る